低血圧を健康食品で改善する【ヘルスケアの秘訣】

日傘を持った女性

食後高血糖とサプリメント

スーツの女性

食後血糖値の尺度の特徴

食後血糖値が高い人はヘモグロビンa1cが高めに出るという特徴があります。そのため、近年の糖尿病診断においては血糖値だけでなく、ヘモグロビンa1cの値も同時に評価するのが一般的になっています。ヘモグロビンa1cが高いときに特別に気をつける必要があるのは食後の血糖値の上がり方であり、それをゆっくりにするだけで特に問題ないというレベルの人が多いのが事実です。そのため、特別に治療を行うのではなく、食事に気をつけたり、運動習慣をつけたりする指導のみが医師から行われるということも珍しくありません。糖負荷試験を行うことによって、どれだけ食事によって血糖値が上がりやすいかということもしばしば評価して加味されます。

数値が高いときの対策

ヘモグロビンa1cが高いときの現状のアプローチは、糖の吸収をゆっくりにすることで急激な食後血糖値の上昇を避けるというものです。食物繊維を用いたり、糖を分解する酵素の機能を抑制したりするというのがその基本となっています。医薬品にもそういった作用のあるものがありますが、サプリメントや健康食品にも多く、薬物治療が開始されていない糖尿病患者に高い人気があります。糖尿病患者は増加する傾向にあることから、こういった形で対策が立てられるサプリメントや健康食品の開発には更に力が加えられていくでしょう。新しい成分も次々に見つかってきていることから、それらを組み合わせて配合して有用性の高い製品が多数市場に登場し、実績によって効果が裏付けられていくに違いありません。